差替表紙 -羽織-

ご朱印帳は、すべてのページにご朱印をもらい終わってしまうと、新たに買いなおす必要があります。新しいご朱印帳を次々と購入してコレクションしていくのも一つの楽しみではあるのですが、ご朱印帳の記載部分と表紙を分けることができるようにして、差し替えて使うことができるようにしたら、使い方が広がるのではないでしょうか?例えば、本文を切り替えて使うことでテーマごとのご朱印の整理を容易にしたり、同一エリアだから1冊にまとめたいのに中途半端に2冊にまたがってしまうことなどを防ぐことができます。

そんなことから始まったオリジナル差し替え表紙『羽織』ですが、これはご朱印帳に限らず活用することで新たなシーンが生まれます。ノートの表紙を気分によって差し替えながら使うこともできますし、表紙を様々なバリエーションを持つグッズとして考えれば、魅力的な商品となります。例えば観光地の絵葉書のように「表紙数種類+ノート本文」をセットで販売すれば、複数の写真を一つの商品を購入するだけで楽しめるうえ、実用品としても使えるのです。絵葉書は厚紙1枚ですが、この表紙は上製本同様、芯に厚紙を入れて貼って作っていますので、格段にしっかりとした仕上がりです。観光地のお土産としてはもちろん、アイドルグッズやキャラクターグッズといったものでも使いやすいでしょう。また、表面に印刷物を貼る以外に、布地や革を張ることも可能です。華やかな和服の端切れで作れば、外国の方々にぴったりの日本土産ができます。

着想した構想をいざ形にしようとすると、抜き差ししやすく簡単に抜けないという、相反する要求が出てきます。差し込みやすくするために微妙に差込口のほうを広く、奥に行くにしたがって狭くなっていたりとか、空気抜きのための穴があいているなど、細かい工夫が随所に入っています。様々な工夫を施し、その独自性をもとに特許を出願させていただきました。

実際のイメージは見ていただくのが一番ですので、ぜひ動画もご覧ください。